ウーマン

不動産に仲介をお願いして安心|家族が満足できる物件

プロへの相談が近道

インテリア

土地の所有に関する権利の中に、借地権というものがあります。これは、簡単に言うと、他者の所有する土地を借り、そこに建物を建てる法的権利のことです。大まかに分けて、旧借地権、普通借地権、定期借地権の三つがあります。相続や売却など、借地に関わることで相談をしたいと思ったら、まずは自分の有する権利が三つのうちどれであるのかを確認することです。それによって、取るべき対応も変わってくるからです。自分の持つ権利と、自分がどうしたいのかをはっきりさせたら、次は相談する相手の選択です。借地も不動産の一部ですので、不動産会社か、もしくは弁護士に相談するのが一般的です。大まかには、売却を検討しているなら不動産会社、相続や権利の交渉など法的なことが主なら弁護士、という選択が良いでしょう。ここで注意したいのが、どちらを選ぶにせよ、借地権に対する専門知識と実績を持っている相手を選ぶということです。不動産会社にも弁護士にも、得意分野や専門分野が存在します。特に不動産会社の場合、借地の専門知識が必ずしもあるとは限りません。今はインターネットなどで調べれば実績や専門分野に関して公表しているところもありますので、相談前に調べて、借地問題に強い不動産会社を選ぶと確実です。借地は、自分だけでなく、土地の権利主も絡む問題です。自己所有の土地に比べて、関わる人間が多い分、問題が複雑化しがちです。何かあった場合には、こじれる前に専門家に相談し、事態の解決を図るのが賢明です。